宇都宮東病院

文字の大きさ

お知らせ

宇都宮東病院

2017年1月 4日

新年のご挨拶

ご挨拶 
明けましておめでとうございます。皆様におかれましては、つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 宇都宮東病院はお蔭様をもちまして、外来患者様の増加も著しく、待ち時間の解消、スムーズな会計処理など課題を有しておりますが、更なる患者様目線での医療サービス向上を目指します。また、胃カメラや大腸カメラの検査待ち時間短縮のための機器の導入も行い、在宅医療への転換に向け、試験的に往診医療も始めました。本年も引き続き改善に努めてまいります。
 糖尿病センターは大須賀院長を中心に益々充実した医療サービスがなされ、開設当初から健康食とフィットネスを提供してまいりまいしたが、糖尿病教室、フットケアに加え、さらに糖尿病教育入院も開設いたしました。教育入院は1週間であり、合併症に関する検査と食事、運動療法の指導と実践、糖尿病に関する知識の習得、病態にあった治療の選択を目指します。
 高齢福祉部は職員の人事交流を通じ、人材育成、質の高い介護を目指しております。宇都宮シルバーホームは25周年記念イベントを昨年11月に開催し、盛況に終了することができました。医療・福祉・介護では2025年問題が盛んに討議されており、高齢福祉の重要性が問われるとともに、その対応が北斗会の使命であると考えております。
 健診部では昨年9月より、健診センター4階を一般健診として独立させました。従来6階、7階で人間ドックと一般健診を同時に行っていた方式は煩雑であり、受診者の皆様方にわかりにくいという点があったことを踏まえ、少しでもわかりやすく、受けていただきやすい健診をこれからも目指していきます。
 宇都宮市認可保育施設となりましたこのみ保育園では優秀な保育士の採用、設備機器の充実、病児保育(どんぐり病児保育室)の受け入れなどにより、地域住民の方からも大変喜ばれているようで安心しております。
 レストランサンテは昨年10月より、「ななつ星食堂」としてリニィーアル致しました。これまで通り管理栄養士が監修する健康食の他に、料理長が腕を振るうメニューや定番メニューを取り揃え、選択の幅が拡がり大変好評を得ております。また、管理栄養士による栄養・食事相談も行っております。ぜひ、一般の方々にもご利用いただきたく、お待ちしております。
 北斗会の信念である「よりより医療を地域の方へ」を実践していくためには、引き続き人材育成や働きやすい職場環境整備などを通じて、さらなる医療サービスの向上が必要であると考えております。これからも皆様方、職員、関係者のご意見、ご指導を賜りながら、尾﨑会長が目指している夢の実現に向かって、一歩一歩進んで行きたいと思っております。今後とも変わらぬご支援、ご厚情をお願いさせていただき、私の新年のご挨拶とさせていただきます。

平成29年1月4日
 医療法人北斗会  
理事長 藤沼 澄夫