文字の大きさ

お問い合わせ一覧

今月の管理栄養士おすすめ

ランチタイム 営業時間 11:00~14:30

第一週のおすすめ

10月29日(火)~11月2日(金) 担当:郷間

今週のおすすめは「ミルクみそ汁」です。

塩分の高い味噌汁。味噌の量を減らすだけでは味気なくなりますが、牛乳と合わせることでコクが生まれ、美味しく減塩できます。さらに、カルシウムも摂ることができるため、成長期のお子様にもオススメです。

第二週のおすすめ

11月5日(月)~11月9日(金) 担当:高橋

今週のおすすめは「牛肉とごぼうの甘辛炒め」です。

ごぼうの旬は11月~2月。食用にするのは日本と台湾だけだと言われています。食物繊維が多く含まれており、腸内の有害物質を排出させ、血糖値やコレステロールを低下させる効果があります。ごぼうは皮に栄養素が多く含まれているため、皮はむかずに調理するのがおススメです。また、あく抜きで水に長時間さらしてしまうと、ポリフェノールという成分がが流れ出てしまうので、水にさらす目安は30秒程度に留めておくとごぼうの栄養がより多く摂取できます。ご家庭でもぜひお試しください。

第三週のおすすめ

11月12日(月)~11月17日(土) 担当:山村

今週のおすすめは「鶏肉ときのこのクリームソース煮」です。

一年中手に入るきのこですが10月~11月が旬になります。 きのこにはビタミンB1,B2、Dなど豊富に含まれています。ビタミンDとはカルシウムの代謝を助け、丈夫な骨や歯をつくりため不可欠な栄養です。カルシムは吸収が悪い栄養素のためビタミンDと組み合わせると吸収がUPします。 今回はきのこに含まれるビタミンDと牛乳に含まれるカルシムを掛け合わせてみました。是非、お家でも掛け合わせを意識して作ってみて下さい。

第四週のおすすめ

11月19日(月)~11月24日(土) 担当:山村

今週のおすすめは「かぶのゆずマリネ」です。

黄ゆずの旬は11月~1月。独特の爽やかな香りと果皮の色合いで、ゆずそのものがメインになる事は無く様々な料理の引き立て役として日本料理には欠かせない重要な食材になっています。ゆずはビタミンCを多く含み、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。皮の方が栄養価が高いため、刻んで使用するのがおすすめです。

第五週のおすすめ

11月26日(月)~12月1日(土) 担当:山村

今週のおすすめは「切干大根の煮物」です。

生の大根と切干大根、どちらが栄養価が高いと思いますか?実は、乾燥された切干大根のほうがたくさん栄養が含まれています。干すことによって旨味や栄養が凝縮され、カルシウムは生の大根の約23倍にもなります。そのほかカリウムや食物繊維、ビタミンB1、B2なども10倍以上にもなっています。その分糖質も増えているので、食べ過ぎないように気を付けましょう。切干大根を戻した水にも栄養成分がでているので、捨てずに一緒に調理するのがおすすめです。