2015年4月

文字の大きさ

北斗会広報誌

2015年4月

シルバー便り 4月号

2015年4月15日

20150415162313_00001.jpg

高齢福祉便り(宇都宮版)

【高齢福祉部通信29】「高齢者福祉」と「子育て支援」

2015年4月 6日

 

4月から「子ども 子育て新制度」がスタートした。少子・高齢化が急激に進行する中、次代を担う子どもの数は国の最大の課題となっている。保育所待機児童の解消のため保育所の増設、認定こども園の指定など、女性の「仕事と子育ての両立支援」が最大の視点であろう。北斗会の医療・看護・介護職員の大多数は女性であり、彼女たちに安心して、患者や利用者のために質の高い支援・サービスを提供してもらうためには保育所の整備は必須の要件であり、離退職防止のためにも重要であろう。

医療・介護分野での人材不足は極めて深刻である。安心して子どもを預けることができれば、入職希望者の増加も期待できよう。彼女たちを支えることが、直接・間接的に「高齢者福祉」を支えることとなる。本年度、法人として保育所整備に着手することの意義は大きい。

保育所の課題も大きい。これまで事業所内保育所は「子どもを預かる」という視点の運営や保育内容が主流であった。職員の福利厚生的な要素も大きいが、預ける保護者のニーズも変化しつつある。託児所ではなく「保育所」として位置づければ、国の「保育指針」や自治体の行政指導もあり、設置運営基準の順守も規定されることになる。また、職員の質の向上も問われることになり、リスク管理も伴うであろう。現在の保育所の現状を考えれば、新たに整備することは時代の要請に応えることとなり、北斗会創立30周年の記念すべき事項と言っても過言ではない。地域を支え、支えられる法人理念が一つ具体的に実現する。

新保育所が施設利用者との心の交流の場となることも期待できよう。

高齢福祉部通信

富士山の壁飾り

2015年4月 5日

3月19日(木)、宇都宮シルバーホーム通所リハビリテーションにて、6名のご利用者と富士山の壁飾りを制作しました。

あらかじめ用意したパーツをひとつひとつ貼り合わせ、それをバックにご本人の写真を貼り完成させました。

若い頃、富士山に登られた話を聞き、お茶を飲みながら、楽しい一時を過ごしました。

 

デイ 壁飾り作り.jpg

高齢福祉便り(宇都宮版)

栄養通信(4月)

2015年4月 3日

H27.4.png

レストラン ななつ星食堂

広報誌「四つ葉のクローバー」第30号発行しました

2015年4月 1日

広報誌 第30号を発行いたしました。
今号の「四つ葉のクローバー」は創立30周年記年号です。
各施設に配布しておりますので、ご自由にお持ちください。ぜひご一読ください

北斗会☆活動記録

最新の記事

カレンダー

2017年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別