高齢福祉便り(宇都宮版)

文字の大きさ

お問い合わせ一覧

北斗会広報誌

高齢福祉便り(宇都宮版)

新春祭り

2018年1月17日

 平成30年の最初のイベント、新春祭りを1月3日に行いました。午前は餅つきです。この年明けの餅つきは1年で一番縁起が良く、神様が帰ってくる正月に餅をついて「家族の健康と幸せを願う」という意味があるそうです。今年も良き年になるよう願いつつ、皆一丸となり餅をつくことが出来ました。

 午後は各フロアに獅子舞が来ました。獅子舞は大昔、伊勢より江戸へ上り、悪魔を払い、世を祝う縁起物として江戸に定着し、祝い事や祭り事で獅子舞が行われるようになったと言われています。獅子舞には厄病退治の意味が込められている為、悪いことから守ってくれるといいます。ご利用者は頭や足を噛んで貰っていました。今年の獅子舞は6本足の大きな獅子舞だったため、その迫力に少々戸惑う方や昔飼っていたペットのように可愛がる方もいました。

 午前は餅をついて、午後には運がついて、2つの付きものが出来たとても良いイベントになりました。




新春祭り.JPG

高齢福祉便り(宇都宮版)

最新の記事

カレンダー

2018年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別