高齢福祉部通信

文字の大きさ

お問い合わせ一覧

北斗会広報誌

高齢福祉部通信

【高齢福祉部通信31】北斗会「シルバーホーム職員研修」について

2015年6月10日

  新年度を迎え、家族や利用者の皆さんに信頼される「施設づくり」を目指し、本年度の教育・研修活動がスタートした。利用者の高齢化・重度化・多様な疾病を抱える介護支援は容易ではないが、多様なニーズに応え「利用者の豊かな老後」の実現に向かって職員集団のレベルアップと温かい介護支援を目標に職員一同、心を新たにして努力することとしている。

年度初めの4月には「介護現場で働く意義について」を実施し、改めて介護支援業務の重要さと職場の民主的な運営、利用者の尊厳の保持と権利擁護について学び、さらにそれらを達成するための職場組織の在り方について学ぶこととした。

また5月~6月にかけては「介護現場で生じ易いリスクとマネジメント」をテーマに全職員を対象に実施した。いずれも職員のアンケート調査を実施、それを分析して、職場や意識の改善を図り、良質なサービス提供を目指すこととしている。

介護職員の不足は全国的な傾向であり、当法人も確保に苦慮しているところであるが、福利厚生やキャリアパス制度の導入、教育・研修担当職員の配置、職員相談室の開設、さらに院内保育所の新築などを図り、職員の離退職防止に努めている。また、キャリア形成のため各種資格取得についても学習会活動の支援に当たっている。

介護支援業務は、直接・間接を問わず「人間を相手にする営み」であり、職員の意識と行動、専門的な知識と技術が求められる。また同時に「働きやすい職場」「充実感が感じられる職場」の条件整備が求められる。

現在、施設の整備(外壁の塗装・その他)が進められ、6月末には終了するが、内容も充実しなければならない。年間計画に基づいて中身の濃い教育・研修活動を続けていく考えである。また、地域貢献の視点からボランティアの受け入れや学生などの実習生を積極的に受け入れ、機能の開放を図りたいと思っている。

高齢福祉部通信

最新の記事

カレンダー

2022年6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別