2014年9月

文字の大きさ

北斗会広報誌

2014年9月

『スナックぎん』開店

2014年9月29日

宇都宮シルバーホームではスナックぎんを9月24日(水)~26日(金)の3日間(15:00~17:00)で開店しました。

ご利用者は開店時間になると早速入店。

日本酒や苺サイダー、おでんなどを堪能され、普段、食が進まない方も「おいしいね~」と完食されてました。

また、カラオケを勧めると初めは遠慮気味ではあったものの、しっかり最後まで歌って下さってました。

いつもと違う環境で過ごす時間を、心ゆくまで楽しんで居られたようでした。

次回は11月の開店です。

 

スナックぎん.jpg

高齢福祉便り(宇都宮版)

外食

2014年9月26日

グループホーム2階では、ドライブで長岡にある百穴を見学して、昼食はバイキングに行ってきました。

目の前の網で肉を焼いたり、お寿司やデザートと、各々で食べたいものを選んで満喫できました。

 

 

DSC05644.JPG

高齢福祉便り(宇都宮版)

レストランサンテ~秋のビュッフェ~開催しました。

2014年9月20日

 

去る913日レストランサンテでは、年に一度の"ビュッフェ"を開催しました。

秋の食材を使用し、23品のメニューをご用意しました。

昨年同様、ゲーム企画として「ぴったんこカンカン」を実施♪

医師からの指示カロリーがある方はもちろん、ない方でもその場で栄養士が必要カロリーを算出して、自分のカロリーの範囲の中でビュッフェを楽しんで頂くゲームでした。

カロリーの範囲前後5%以内で食事を選べた方には、素敵なプレゼントをご用意しました。

今年は、5名の方が"ぴったんこカンカ~ン♪"でした!(^^)!

"食欲の秋"でおいしい秋の恵みが沢山出回ります。美味しいからといって食べ過ぎは禁物!

カロリーの範囲の中で、選ぶこと・組み合わせることの参考になったのではないでしょうか。

ご来店いただいたお客様ありがとうございました&学生ボランティアのみなさんご協力ありがとうございました。

 

P9120009.jpg DSC01726.jpg DSC01734.jpg

レストラン ななつ星食堂

高根沢シルバーホームの秋祭り

2014年9月18日

9月13日(土)、高根沢シルバーホームでは秋祭りが開催されました。模擬店や写真館、毎年恒例のバザーに、午後はおはやしと、今年も盛り沢山の内容でした。皆さんお祭り気分を楽しんでいただけたようです。

今年の作品展示では、手芸クラブや塗り絵の他、各療養棟で秋をテーマとした作品が展示されました。

秋祭り 003.JPG

秋祭り 004.JPG

秋祭り 005.JPG

一緒に楽しんで頂いたご家族の方や、バザーに出品して頂いた方、ご協力ありがとうございました。

秋祭り 002.JPG

高齢福祉便り(高根沢版)

【高齢福祉部通信22】老後の生活設計と健康に悩み~内閣府調査~

2014年9月17日

 内閣府「国民生活に関する世論調査」(25年6月実施)の結果が先日発表された。日頃の生活の中で「悩みや不安を感じている」と答えた人(4015人)の内容は「老後の生活設計について」55.3%、「自分の健康について」52.4%、以下、「家族の健康」(43.2%)、「今後の収入や資産の見直し」(40.0%)などの順になっている。

 回答者は高齢者のみではないが、高齢者に限ってみれば「健康」が最大の不安になっていると推測できよう。認知症(予備軍を含む)約860万人、寝たきり・虚弱などの日常生活に何らかの支援が必要な要援護高齢者は増加の傾向にあり、介護職員などの担い手不足、特別養護老人ホームの不足(待機者53万人報道)など、残念ながら不安増大の背景は深刻である。寝たきりや認知症にならない(またはその時期をできるだけ遅らせる)介護予防対策は個人にとっても行政にとっても喫緊の課題である。

 介護予防対策はまず疾病などの早期発見・治療や健康の保持・増進のために取り組みから始まる、健康診断・人間ドックの受診は必須であろう。「栃木県人は我慢強く、悪くなってから医者に行く」と言われ、各種検診受診率のアップが自治体の課題となっている。現在、複数自治体の介護保険事業計画の策定に関わっており、介護予防対策の重点的推進について提言しているが、なかなか有効な対策が立ちにくい領域である。

 北斗会は、検診機能の他、健康維持増進機能(フィットネスクラブ)、要介護(支援)のデイケア機能などを有している。これらの機能が一体となって県民の老後の不安解消の一助を担うことができよう。

9月は「敬老月間」である。15日の敬老の日が、長年、社会の発展に寄与された高齢者が真に「長寿を喜べる」日のスタートになるよう高齢福祉部としても他の部門と密接な連携のもとに超高齢社会への取り組みを推進したいと考える。

 

高齢福祉部通信

リレー・フォー・ライフ とちぎ 2014 in 宇都宮

2014年9月17日

イベントの趣旨に賛同する職員とその家族約80名が参加しました。宇都宮城址公園を歩きながら、がんは早期発見、早期治療が一番であり、そのためにはがん検診の定期受診が大切であることを発信してきました。宇都宮東病院は、これからもがんと闘う人々に寄り添っていきます。一緒にがんばりましょう。
 ※ リレー・フォー・ライフは、がん征圧を目指し、がん患者や家族、支援者らが夜通し交代で歩き、勇気と希望を分かち合うチャリティーイベントです。
RFL写真2-1.jpg
RFL写真1-1.jpg

北斗会☆活動記録

日本舞踊を見ました♪

2014年9月14日

さくら会の皆さんが、素敵な日本舞踊を披露してくれました。
さまざまな踊りを見て、ご利用者も一緒に手を動かしたり、歌を唄ったりと、とても楽しいひと時を過ごしました。
なかでも踊りの経験のあるご利用者は、涙ぐみながら、一つ一つの動きを真剣に見入っていました。


P7300050.JPG    P7300101.JPG

高齢福祉便り(高根沢版)

シルバー便り9月号

2014年9月10日

 

20140908145110_00001.jpg

高齢福祉便り(宇都宮版)

栄養通信(9月)

2014年9月 2日

栄養通信H26.9.png

レストラン ななつ星食堂

最新の記事

カレンダー

2017年6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別