2015年5月

文字の大きさ

北斗会広報誌

2015年5月

草もち作り

2015年5月25日

宇都宮シルバーホーム通所リハビリテーションでは、5月16日(土)、草もち作りを行いました。

最初に、ご利用者3名の方に、だんごの粉、よもぎ、水の代わりに豆腐を入れ、こねていただき、草もちの下ごしらえをいていただきました。

豆腐を入れることで、モチモチ感もありつつ、のど通りの良いもちに仕上がります。

「このくらいかな」「まだ、かたいかな」「疲れたな」「じゃあ、私が代わるわ」と協力して、皆様、笑顔で作ってくださいました。

ご利用者全員に、ご自身で作ってもらうために、もちとあんこをお配りし、もちを伸ばし、あんこを包んで、3時のおやつに召し上がっていただきました。

あっという間に間食され、「もっと食べたい」「一個じゃ足りないよ」「美味しかった」と、とても喜ばれていました。

私たち職員もいただきましたが、とても美味しく、びっくりしました。

ご利用者からは、いつにも増して笑顔がこぼれていました。

 

 

 草もち.jpg

 

 

高齢福祉便り(宇都宮版)

ヘルシークッキング

2015年5月20日

グループホーム宇都宮には「ヘルシークッキング」というクラブがあります。

糖尿病などの病気をお持ちの方でも気軽に召し上がっていただけるようにと"ヘルシー"を意識した調理クラブです。

第一回目はデザート、第二回目として今回はギョウザ作りを行いました。

中身はたっぷりの野菜と鶏ひき肉を使用し、さっぱりとした仕上がりになりました。

ご利用者は慣れた手つきでギョウザを包みながら、「昔は良く作ったなぁ」「手作りは美味しいね」と会話も弾みました。

 

ヘルシークッキング.jpg

高齢福祉便り(宇都宮版)

シルバー便り 5月号

2015年5月19日

20150519142101_00001.jpg

高齢福祉便り(宇都宮版)

【高齢福祉部通信30】「特養入所」の特殊詐欺について

2015年5月14日

  栃木県警特殊詐欺防止コールセンターの運営状況と昨年同期の被害件数が報道された。件数は5件増の83件、被害総額約2億4500万円で、被害者の多くは高齢者である。

 先般、一人暮らし高齢女性に「老人ホームの入居枠が当たった」などのウソの電話をかけ、130万円をだまし取った詐欺グループが逮捕された。高齢社会で特別養護老人ホーム(特養)入所待機者が約53万人と報道され、これらを逆手に取った新たな詐欺で、自らの老後に不安をもつ高齢者の心理に付け込んだ巧みな詐欺と言える。このような新たな詐欺をどう防ぐかが問題である。入所者待機者の解消は、施設整備や介護従事者不足もあって直ちには困難である。当面はショートステイやデイサービス、ホームヘルパーの派遣などの在宅支援の充実、待機者への情報提供、地域包括支援センターのより一層の関わりの強化が求められる。

 特養不足を解消するためか、近年、民間事業者による「サービス付き高齢者住宅」の整備が進んでいる。利用料は若干高いがニーズがあり、これからも増加することが予測される。問題は詐欺ではないが、マスコミ報道によれば「過剰な介護サービス」が供給され、利用者の「抱え込み」がされているという。自らの事業所のサービスを過剰に提供し、介護報酬を得ようとするものである。介護サービス受給にはケアマネジャー(介護支援専門員)の策定する「ケアプラン」が必要であるが、これらを作成したケアマネジャーは?と考えてしまう。

 介護報酬単価の引き下げで、全般的に経営が厳しくなる状況にあるが、北斗会は医療・保健・福祉・相談支援・在宅支援の機能をもつ法人であり、コンプライアンスを順守し、利用者のニーズを踏まえて良質かつ適切なサービスを提供することとしている。

 4月には新年度のスタートに当たり「改めて福祉・介護現場で働くことの振り返り」をテーマに職員研修を実施し、運営を展開しつつある。

高齢福祉部通信

ハワイアンドリームズ&フラ・アイカネ

2015年5月 2日

4月25日(土)にハワイアンドリームズ&フラ・アイカネの皆さんが来てくださり、いろいろな歌やダンスを披露していただきました。

全14曲あり、「北国の春」「憧れのハワイ航路」ではご利用者も一緒に歌い、「好きになった人」の曲の合わせて職員も踊りました。

歌が好きなご利用者が多いので、たくさんの方が集まり、とても充実した土曜日の午後を過ごしました

 

 

DSC04749.jpg

 

 

DSC04761.jpg

高齢福祉便り(宇都宮版)

日本舞踊 「さくらの会」

2015年5月 2日

桜の花も終わり暖かくなってきはじめた頃、久方ぶりにさくらの会の皆様が日本舞踊を見せに来てくれました。

踊りに合わせ、今まで表情の乏しかったご利用者も、曲が流れ踊りが始まると、涙を流され、うれしそうな表情をされました。

職員も心が温かく感じた一瞬でした。

最後は「好きになった人」の曲を歌い、踊りながら、ご利用者と握手をして、退場となりました。

とても楽しいひと時を過ごせました。

 

 

デイ さくらの会.jpg

高齢福祉便り(宇都宮版)

最新の記事

カレンダー

2017年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別